墓地分譲、ペット霊園は曹洞宗寺院の西来院

墓地・分譲のご検討なら西来院
墓地分譲のことなら西来院/HOME 法事・供養なら西来院/規格墓地・販売 ペット霊園 西来院の概要 曹洞宗・寺院/西来院の歴史 絵額(えま)の一覧 西来院へのお問い合せ
 
曹洞宗寺院西来院/西来院の歴史
 
西来院の歩み
岩手・遠野市に在る曹洞宗『西来院』
碑面に刻まれた文(当寺院の歴史等)を、以降の画像とともに掲載致しました。 釈迦如来より歴代の祖師に伝え、脈々と継承されてきた正伝仏法・曹洞宗。 人が本来持っている仏心に正直に生きること、御仏に懺悔し帰依することが その教義とされています。 大本山永平寺からの法系となる寺院・西来院にもその宗旨は伝えられています。 碑文には、開山に携わった人々の名、エピソード等々色々な事が刻まれています。 当時の人々がこの寺院を欲した時代背景、『西来院』の開山に至る経緯、寺院名称の由来も、この碑文の中でご覧頂けます。
曹洞宗・寺院『西来院』の長きに渡る歩みを、どうぞご覧下さい。
石碑・西来院の歩み
草創 天文後期 平清水館主平左エ門駿河が弁天堂創設村衆共に修験道場としていた。開山 興菴篤隆亨禄年始頃 秋田県花輪安保氏末葉に生まれ 九戸戦乱に一家離散西に下る。後林菴正禅和尚 徒 大原長泉寺に入る後 径龍寺住職 永禄年間土渊 村常堅寺二世 弁天堂に登場開山と成る。 山号 平清水館主より清水山と号す。寛政初期堂宇什物 火災で一切失う。十四世笑山和尚 文化十三年再建される。 開基家不祥 日課経 本尊釈迦牟尼佛に続き歴住と安国院殿一品大相 国公徳蓮社崇誉道和大居士 壇信徒を祠堂 法系 大本山永平寺−大本山総持寺−耕雲寺−長泉寺− 常竪寺−西来院である 原文 末山厥後大原落城而重国之興一族供長野村退改長 泉寺之号呼西来院篤隆和尚住職也当時此時又与勝行供 ミソウロウ 初佛盆十四夜笛太鼓鉦で山門 墓 燈篭 木 施餓鬼棚前で唱える。 隠し念仏 埋葬後仏壇前で 近親者集まり鉦共に、一経十三回読経 六宗派組合せ経なり。 獅子踊 遠野郷幕系踊で 篤隆和尚の随員に踊りの名手 東山五書 東磐井奥玉生れ 現在亀卦川性 奥山宝山 半月流踊 秋彼岸中日山門に 幕納め踊り奉納する。 葛西氏と遠野郷 大原弾正重国家臣 長野佐平治 天正 初期長野館を築き 遠野郷に深き連りと 先拓の役割を果たしている。
寄進人

平成十四年四月三十日
郷土史研究家 菊池金孝
石工 東和町巨尠石材

原石 平清水村産
 
 
墓地分譲、ペット霊園は曹洞宗寺院の西来院   Copyright © 2004- Seiraiin. All Rights Reserved.